プジョーの新世代フラッグシップモデル、508。
流麗なフォルムに秘めたのは、ロングドライブを
悠々と愉しむグランドツアラーの資質。
それは、遥か彼方の地へとあなたを誘う。
さあ、508と自分を超える旅に出よう。
そこには、きっと発見が待っている。

DISCOVER
PEUGEOT 508
in KYOTO

508で発見する京都の旅。

胸高鳴る、ロングツーリングへの誘い。

歳を重ねるにつれ、肩肘張らない生き方にシフトしている気がする。
人の目を気にするのではなく、本当に自分が良いと思ったものを選ぶ。クルマ選びにも変化があった。
人生で初めてのフランス車、プジョー508を手に入れたのだ。無難なクルマばかり乗ってきた私が言うのも何だが、
クルマが人を変えることもある。なぜなら、京都までのロングツーリングを思い立ったのだから。
せっかくだから、いつもとは違う京都を味わってみよう。
そうだ、夫婦で好きなアート&アンティークを巡る旅はどうだろうか。
古い街並みを疾走する508を想像するだけで、私の心は少年のように高鳴るのであった。

  • #1 Beginning of Journey

    最高の旅の予感。

  • #2 On the Road

    いままでにない心地よいドライビング体験。

  • #3 Arrival

    京都の街とも調和する美しいフォルム。

  • #4 Staying with Art

    アートと暮らす、唯一無二の空間。

  • #5 Freedom of Art

    枠にとらわれるな、自由であれ。

  • #6 Sense of Art

    魅惑の骨董世界に、時を忘れる。

  • #7 Art of Food

    安らぎの空間で、こだわりの食を味わう幸せ。

  • #8 End of Journey

    旅の締めくくりは最高の舞台へ。

508 SW

DISCOVER
PEUGEOT 508 SW

これほどまでに美しく、躍動感溢れるステーションワゴンを見たことがあるだろうか。
後方へ向けてなだらかに傾斜していくルーフラインと、彫刻的なサイドのプレスラインが見事に収束する
リアセクションの造形は、まさにアート。そこに、ブラックアウトされたリアガーニッシュが
画家の仕上げの一筆のように加わることで、
508 SWはシューティングブレークスタイルに完全なる美を宿した。
もちろん、余裕の積載量やパワフルな走りも美点である。大切な人や家族とロングツーリングに出かければ、
かつてない満ち足りたひとときを味わうことができるだろう。

PEUGEOT x Discover Japan
「プジョーで駆けるルーツ再発見の旅」

PEUGEOT x Discover Japan「プジョーで駆けるルーツ再発見の旅」

伝統あるものづくりやデザイン、豊かな気候と風土から生み出される食文化やライフスタイルなど、世界に誇る魅力に溢れる日本を紹介するエンターテインメント誌「Discover Japan」。 今回は508で京都を巡るロングドライブの旅を取り上げていただきました。ぜひご覧ください。

>> Discover Japan プジョーで駆けるルーツ再発見の旅

PRESENT

期間中アンケートにお答えいただいた方に、
モーターファン別冊「508のすべて」ダイジェスト版、
PEUGEOT x Discover Japan「プジョーで駆けるルーツ再発見の旅」
限定公開版の閲覧権限をプレゼント!

モーターファン別冊「508のすべて」

モーターファン別冊「508のすべて」
ダイジェスト版

508/508 SWの車両解説や競合車比較、ドライビング・インプレッションを紹介し508の魅力を徹底解剖するモーターファン別冊「508のすべて」。車両コンセプトやデザイン解説などの記事を抜粋したダイジェスト版を、期間限定でご覧いただけます。

  • ※本キャンペーンは予告無く終了または変更となる場合がございます。