フレンチテックEVライフ 未来といまを、同時に愉しむ。

未来を考えることはとても大事。だけど、それに縛られたり、無理はしない。
未来を先取りしながら、いまを自分らしく愉しむ。そんなEV(電気自動車)がここにあります。
シトロエン、プジョー、DSが提案する新しいEVのスタイル。フレンチテックEVライフ。

クルマ本来の魅力を自然体で愉しむ、
フレンチテックEV

ここ数年で一挙に選択肢が増えた輸入車のEV(電気自動車)カテゴリーの中で、他とはひと味違うアプローチをしているのが、新生ステランティスのフレンチブランド、「シトロエン」「プジョー」「DSオートモビル」。個性溢れるクルマづくりを目指すこの3ブランドから誕生した電気自動車は、開発の考え方自体がとてもユニークです。

クルマを選ぶ方が、まず好みのモデルをチョイスしたうえで、ライフスタイルに応じて内燃機関エンジンと電気モーター(ピュアEV)から、最適なパワートレインを選べる「パワー・オブ・チョイス」というコンセプトがその基本。つまり、EVだからと言って、未来感や新しさを誇張したり、差別化を目的として過剰な付加をすることなく、モデル本来の個性や魅力を味わいながら、EVの先進性やメリットを堪能いただけるということ。無理せず、自然体で愉しむためのEV、と言うことができるかも知れません。

「パワー・オブ・チョイス」に基づくフレンチテックEVの本質を理解していただくために、3台のEVを、異なるライフスタイルを持つ3組の方にご体験いただき、その印象とともにフレンチテックEVがご自身の生活にマッチするのか伺ってみました。

NEW CITROËN Ë-C4 ELECTRIC

NEW CITROËN Ë-C4
ELECTRIC

シトロエン最新のアイコンとクーペライクなルーフラインが特徴的なクロスオーバースタイルのミドルサイズEV。ラウンジのソファのようなシートと独自のサスペンション技術により、快適な乗り心地を実現。

PEUGEOT e-2008

PEUGEOT e-2008

EVならではの快速ぶりと、磨き抜かれたシャシーがもたらす優れたハンドリングは秀逸。鉤爪モチーフのLEDライトやボディの大胆な面構成など、デザインも印象的なスポーティSUV。

DS 3 CROSSBACK E-TENSE

DS 3 CROSSBACK
E-TENSE

専用加飾グリルのエクステリアとホワイトレザーの格子柄ステッチ入りインテリアは、EVならではの静粛かつ大胆な加速と絶妙なマッチングを実現。コンパクトなエレガントSUV。

CITROËN Ë-C4 ELECTRIC

CITROËN Ë-C4 ELECTRICと都心の戸建てにお住まいの長島ファミリー

都心の戸建てにお住まいの長島ファミリー

シトロエン最新のEVモデル、Ë-C4は
ご一家にどのように映ったのでしょう。

PEUGEOT e-2008

PEUGEOT e-2008とサーフィンライフスタイル誌「Blue.」編集長&サーファー 戸井田雄一さん

サーフィンライフスタイル誌「Blue.」
編集長&サーファー 戸井田雄一さん

100%電動のコンパクトSUV、
e-2008はサーファーのライフスタイルを
刺激したのでしょうか。

DS 3 CROSSBACK
E-TENSE

DS 3 CROSSBACK E-TENSEとジュエリーブランド「トーメリーサ」デザイナー&モデル 田中妙佳(みか)さん

ジュエリーブランド「トーメリーサ」
デザイナー&モデル 田中妙佳(みか)さん

フレンチラグジュアリーEV、
DS 3 CROSSBACK E-TENSEは、
デザイナーの琴線に触れたのでしょうか。

  • ※表示価格は2022年4月現在のメーカー希望小売価格(消費税込)で参考価格です。販売価格は各ディーラーが独自に定めております。
  • ※価格には、オプション代、特別塗装色代、税金(消費税を除く)、登録に伴う諸費用、リサイクル料金、保険料などは含まれておりません。
  • ※価格、仕様、および外観は予告なく変更することがあります。

CITROËN Ë-C4 ELECTRIC

CITROËN Ë-C4 ELECTRICと都心の戸建てにお住まいの長島ファミリー

ご主人は放送作家で奥様はアパレルショップを経営、そして現在中学生ながら娘さんはダンサーとしても活動しているという長島さんご一家。都心の戸建てにお住まいで、まさに三者三様、充実のライフスタイルを実践されています。そんなご一家の目に、新しいシトロエンË-C4 ELECTRIC(以下Ë-C4)はどのように映ったのでしょうか。

フランス生まれの独自の
キャラクターが興味深い

ーまずはご主人に感想を訊いてみました。

私は長年ドイツ車を愛用してきたのですが、丸みを帯びたスタイリングや室内の仕立てなどに、フランス生まれらしい独自のキャラクターが感じられて興味深いです。どちらかといえばコンパクトなボディながら、乗り込むと見ため以上に室内が広く感じることも好印象です。良い意味でスッキリした操作系の作りやデザイン、収納スペースが多くて実用的なところもイイですね。あと、助手席にタブレットを固定できるホルダーが付いているのもおもしろいです。

シグネチャーライトが象徴する先進性は、インテリアの機能美やタブレットを固定できるスマートパッドサポートにも息づく。

断然乗り心地が良いのが魅力

ー好印象は、走り出してからも続きます。

実は、電気自動車を運転するのは今回が初めてですが、静かで加速がスムーズなことは、まさに巷の評判通りですね。ガソリン車と比較してアクセル操作の反応がリニアで違和感が無いところも魅力と感じました。電気自動車であっても、軽やかで、普通に扱えるのは良いことですね。あと、普段使っているクルマより断然乗り心地が良いところも魅力のひとつだと感じました。

EVならではの静かで滑らかな走りに加え、シトロエン伝統の乗り心地「魔法の絨毯」を再現するサスペンション、プログレッシブ・ハイドローリック・クッション(PHC)と、座り心地のよさとホールド性を両立し、ドライブの疲労を軽減するアドバンストコンフォートシートとの相乗効果で、この上ない快適さが味わえる。

静かで滑らかに走る
電気自動車の感覚

ーご主人とクルマを共有する奥様。ダンススタジオに行く娘さんの送り迎えなど、普段からクルマを使用する奥様の印象は?

私たちの家は周囲の道が細い場所にあって、気を遣うことが多いのですが、このクルマは持て余さない適度な大きさが良いと思いました。実際に運転しても扱いやすく感じます。静かで滑らかに走る電気自動車の感覚も、オシャレな見ためや内装に合っていますね。実は私、フランスの文化が大好きでコロナ禍の前は定期的に現地に行っていたのですが、このクルマからは、やはりフランスっぽいセンスを感じさせるところも気に入りました。特に、内装はシートのステッチや色の使い方が独特でおもしろいです。基本的にスッキリとしたデザインも好印象です。でも、決して生真面目すぎるわけではなく、適度にフランクな印象を与えてくれるのはこのクルマならではの魅力でしょう。

ご試乗中にヘッドアップディスプレイにお気付きの奥様は、「しっかり前を見ていられるから安心」とのこと。渋滞時にも対応する車間距離維持機能、アクティブクルーズコントロールや走行車線を維持するレーンポジショニングアシストなど、Ë-C4搭載の先進安全運転支援システムについては、「よく長野に出かけるので高速道路で使ってみたい」とコメント。

お出かけが愉しくなりそう

ー普段からステアリングを握るご夫婦に好評な様子。では、乗る立場の娘さんはどんな印象をもたれたのでしょう?

見ためや室内の印象は、お母さんと同意見です。オシャレな感じがイイですね。でも、一番印象に残ったのは乗り心地が良いところです。後席でも居心地がすごく良くて、お出かけが愉しくなりそうです。

ロングホイールベースによりクラス最大級の居住空間を実現した後席には、前席と同じアドバンストコンフォートシートを採用。

Ë-C4は魅力的な選択肢

ー電気自動車であることとともに、Ë-C4のフランス車らしさも高く評価された長島さんご一家。では、実際に購入の対象になり得るのか、お尋ねしました。

仕事柄、私は早朝にクルマで出かけて深夜に帰宅ということが多いのですが、私たちのような住環境だと静かな電気自動車はそれだけでも周囲にちゃんと気を遣っているという意思表示になるのではないかと。私も妻も、クルマを使う頻度は高くても普段は1日あたりの走行距離がさほど長くありませんから、そういう意味でも自宅での充電が可能なË-C4は魅力的な選択肢だと感じています。あと、実は試乗する前に下調べをしておいたのですが、このクルマ、内容の充実に対して価格が抑えられているのも良いですね。輸入ブランドの電気自動車って、もっと高価なものだと思っていたので、これは正直意外でした。

NEW CITROËN Ë-C4 ELECTRIC

CITROËN Ë-C4 ELECTRIC

Ë-C4 SHINEメーカー希望小売価格(消費税込) 4,650,000円〜

全長:4,375×全幅:1,800×全高:1,530mm 電動モーター/5ドアハッチバック

PEUGEOT e-2008

PEUGEOT e-2008とサーフィンライフスタイル誌「Blue.」編集長&サーファー 戸井田雄一さん

「サーファーは、環境意識がひと一倍高いんです」
こう語るのは、サーフィンライフスタイル誌「Blue.」の編集長にして自らも現役サーファーである戸井田さん。仕事やプライベートを通じて知り合うサーファーの中でも、サステナブルなプロダクトやアクティビティに関する意識は以前にも増して高まっているという。

自然が相手だからこそ
環境意識は高い

サーフィンは自然が相手のスポーツです。サーファーは良い波がある海には足しげく通いますから、必然的に環境の変化には敏感になるんです。地球温暖化などによる環境破壊は、そのままサーフスポットの減少に繋がりますからね。海岸に打ち寄せるゴミやマイクロプラスチックの問題も同じです。いまやサーフウェアはリサイクルが当たり前ですし、“ワンハンドビーチクリーン”と呼ばれる砂浜の美化活動も定着しています。

ー海に向かう足となるクルマにもそうした意識は反映されているのでしょうか?

サーファーにクルマは必須アイテムなので、燃料費を節約できるという理由もあるのですが(笑)、環境負荷が少ないという理由でエコカーを選ぶサーファーは少なくありません。排ガスを出さないというわかりやすさもありますから、ボク自身もゼロエミッションな電気自動車には興味津々ですね。

最高出力136ps/最大トルク260Nmの高効率電動モーターとリチウムイオン電池(50kWh)を搭載。航続可能距離は360km(WLTCモード)。

サーファー目線でも
十分使えるクルマ

ー環境面だけでなく、サーフィンの足として考えた場合のe-2008の実力はどうでしょう?

SUVとしてはさほど背の高くないコンパクトなボディなのに、室内は意外と広くてイイですね。ロングボードは屋根の上に載せることになりますが、ショートボードやミッドレングスなら後席を倒せば問題なく積むことができます。実のところ、サーフィンはボードを除けば嵩張る荷物は多くないので、必要にして十分な使い勝手のコンパクトSUVはアリだと思います。しかも、こんなに力強い加速とは思っていなかったので、正直ビックリしました。エコなクルマという先入観のせいか、電気自動車にパワフルなイメージはなかったので………。地元(茅ヶ崎)のようにきつい坂道が多い場所でもまったくストレスを感じませんね。

上質なコンビネーションシートはホールド性に優れ、ドライバーの疲労を軽減。ラゲッジスペース容量は434~1,467ℓ(VDA方式)と広く使いやすい。

積極的に操りたくなる

ーこのe-2008をドライブするのは初体験とのことですが?

以前にプジョーを所有していたことがあるので、乗り心地には期待していました。予想通り、運転するのが楽しいクルマですね。力強さに加えて、どっしりとした安定感があること。そして、日常的な速度領域でキビキビとした動きをしてくれるので、ついつい積極的に操りたくなってしまいます。電気自動車が静かでスムーズというところは予想通りでしたが、この快適さならそれなりの距離を走っても疲れないでしょう。仕事柄ですが、早朝に波をチェックしてから都内の編集部でミーティングをして、そのまま取材の打合せや撮影現場に向かうといった移動も多いので、コンパクトで適度にスポーティに走れるe-2008は理想的かもしれません。

重要な情報をホログラムのように立体表示するメーターパネルと小径ステアリングを組み合わせた、プジョー独自の3D i-Cockpitが直感的なドライブを可能に。

e-2008のある日常生活が
リアルに想像できる

ーサーファとして、自然を愛するものとして、またエディターとして、電気自動車は魅力的なのかを伺ってみた。

ボク自身も含めて、サーファーには環境意識が高くて身の回りのモノに好みを反映させたいコダワリ派が少なくありません。そういう意味では、最新の電気自動車は間違いなく魅力的な選択肢ですし、実際に所有したらサーフスポットでも日常生活でも注目度は高いと思います。このクルマの場合、目に入る個性的なデザインに“刺さる”人もいるでしょう。個人的には、一週間くらいサーフトリップに使ってみて、現実的な航続距離や移動中の充電といった実用性をしっかりと検証してみたいです。プロサーファーにまとまった期間預けて、それを誌面の企画にしてみるのもおもしろいかもしれませんね(笑)。今回、実際にe-2008を体験してみて、いま直面してる環境問題をあらためて意識できました。そして、リアルにEVを日常使いしている自分が想像できたことは嬉しい発見です。

PEUGEOT e-2008

PEUGEOT e-2008

e-2008 Allureメーカー希望小売価格(消費税込)4,679,000円〜

e-2008 GTメーカー希望小売価格(消費税込)5,098,000円〜

全長:4,305×全幅:1,770×全高:1,550mm 電動モーター/5ドアSUV

DS 3 CROSSBACK
E-TENSE

DS 3 CROSSBACK E-TENSEとジュエリーデザイナー・ブランドオーナー&モデル 田中妙佳さん

DSオートモビルは、パリの美学と匠の技=サヴォア・フェール、さらに革新的なテクノロジーにより、新しいフレンチラグジュアリーカーを世に送りだしているブランド。そのこだわりの姿勢は100%エレクトリックのコンパクトSUV、DS 3 CROSSBACK E-TENSEにももちろん貫かれています。ジュエリーデザイナー、ブランドオーナーとしても活躍する、モデルの田中妙佳さんに、デザイナーの審美眼を通して、このクルマの魅力度をチェックしていただきました。

インテリアに感じる
デザイナーの明確な意図

まず独特なカタチの外観と色使いが印象的ですね。必要なとき以外はドアに格納されているドアハンドル(注:リトラクタブルドアハンドル)も、一般的なコンパクトカーでは見られないおもしろいデザインだと思います。でも、特に新鮮だったのはデザイナーの意図が明確に感じ取れるインテリアですね。初めて見たときは『電気自動車ってこんなにオシャレなんだ』と驚きました。まあ、これは電気自動車版に限ったものではないそうですが、普通のクルマにはない魅力だと思います。

宝飾のように煌めくエクステリアや、ルーヴル美術館を思わせるひし形や格子柄ステッチのホワイトレザーインテリアは、DSならでは。

個性的なだけではない
高級感はお見事

ーひし形の形状を取り入れたメーターやセンターパネルにも興味を惹かれた様子。

これも、一般的なクルマでは見られない部分ですよね。個性的、というだけではなく機械としての使い勝手がまったく損なわれていないのがスゴいと思います。デザインにここまで趣向を凝らしているクルマってあまりないんじゃないですか? 高級感の表現、という意味でもお見事です。

洗練された印象の液晶メーターもひし形の意匠。センタークラスターなど随所に“クル・ド・パリ”文様があしらわれている。

随所にアートが息づく
精緻なディテール

ーまた、高級時計の文字盤などに用いられているギョーシェ彫りの精緻なディテール「クル・ド・パリ」文様も魅力的なポイントとのこと。

こんなに細かい文様をいろんな部分に使用し、クルマの室内とは思えない華やぎが感じられる点は、素直に魅力的だと思います。実はパワーウインドゥの操作スイッチもすごく凝ったデザインなので、いわゆる“スイッチ”に見えなくて、しばらく経ってからそれと気付いたほどです。そう言えばひし形のデザインってルーヴル宮殿のピラミッドからインスピレーションを得たというのは魅力的なエピソードですね。フランスの伝統的なアートをイメージさせる、強力なセールスポイントだと思いますよ!(笑)

滑らかに走る感触と高級感は
嬉しい発見

ーこうした高いデザイン性を持ちながら、電気自動車であることについて、どのような印象をもたれましたか?

ガソリンエンジンモデルのDS 3 CROSSBACKには乗った経験がないので比較はできませんが、とっても静かで滑らかに走る感触は、高級感に溢れた見ためにもピッタリだと思います。電気自動車ってエコというイメージばかりが独り歩きしていますけど、実はオシャレな選択肢もあるというのは個人的にも嬉しい発見でしたね。あと、電気自動車は勝手に大人しいクルマだと思っていたのですが、走らせるとスーッと加速してとても速い印象です。私がクルマを使う状況を想像すると日常的な街中の移動がメインになるので、この速さは愉しいオマケかもしれません。

ジュエリーデザイナー目線で試乗する田中さんは、「静かで滑らかな走行感覚は、高級感ある見ためにピッタリ」とコメント。

上質さと高いデザイン性は
周囲の羨望を集めるはず

ーもしもDS 3 CROSSBACK E-TENSEを購入したら? と問いかけてみると。

「それはもう、鼻高々ですよね(笑)。小さなクルマを愛用する女性は多いと思うのですが、こんなにもデザイン性が高くて上質、それでいてエコな選択でもある電気自動車を日常的に乗りこなす人なんてなかなかいません。周囲からも素直に羨ましがられると思います。このDS 3 CROSSBACK E-TENSEの細部に至るまでの入念な作り込みは、彫金のデザイン技法にも通じるところがありますから、ジュエリー好きの女性なら気付くはずですし、デザインにこだわりを持っている彼女たちから支持されることは間違いないですよ。

DS 3 CROSSBACK E-TENSE

DS 3 CROSSBACK E-TENSE

DS 3 CROSSBACK E-TENSEメーカー希望小売価格(消費税込) 5,420,000円〜

全長:4,120×全幅:1,790×全高:1,550mm 電動モーター/5ドアSUV