• 岡崎五朗氏が語る

  • 藤島知子氏が語る

  • 三代やよい氏が語る

PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 3008 -
PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 3008 -

日常からレジャーまで彩りを添えてくれる新時代のSUV SUV 3008 日常からレジャーまで彩りを添えてくれる新時代のSUV SUV 3008

「ちょっと高い身長」が冒険に誘う。新しい世界が見つかるコンパクトSUV

208が足にぴったり合ったウォーキングシューズなら、2008は街中からちょっとしたアウトドアにも使える軽快なトレッキングシューズ。少し高めの全高と、208よりプラス25mm余裕のある最低地上高は、想像以上に自由度を広げてくれます。

ちょっとした段差や砂利道、水たまりもなんのその。それでいてボディの幅は208と同じ1,740mmとコンパクトだから、狭い林道や峠道に差しかかったときにも「ようし、行ってみようか」と背中を押してくれます。

いつもより見晴らしのいい運転席からの景色も、開放感だけでなく安心感を与えてくれる重要な要素。少し先まで見通せるから、普段の運転や渋滞中でも予測がしやすく心強いんですね。

冒険気分を呼び起こす5つの走行モード

2008はいわゆる“ヨンク”ではありません。前輪駆動ならではの軽量さと省燃費をキープしながら、悪路での頼もしい走りを両立するために備えているのが「グリップコントロール」と呼ぶ機構。4本のタイヤそれぞれに伝わるエンジンからの力の量、そしてブレーキを細かく制御することで、季節や場所ごとに変化する路面状況に合わせた走行をサポートする電子制御システムです。

走行モードには5パターンが用意されていて、「ノーマル(舗装路)」「スノー(雪)」「マッド(ぬかるみ)」「サンド(砂地)」「ESC オフ」に切り替えることが可能。ダイヤルセレクターひとつが、休日の行き先をこれまで以上に広げてくれるんです。

想像力を刺激するクローゼットのようなラゲッジスペース

2008の荷室には無駄な出っ張りがありません。スクエアでフラットなラゲッジルームはかさばる荷物も長尺物もすっきり収納。

6:4分割式のリアシートはスイッチひとつでパタンと前方へ畳みこむことできるから、いざという時にはさらに広大で平らな自由空間を得られます。高さ方向にも余裕があるので、積み方や収納方法を工夫して、自分のライフスタイルに合わせた“マイ・クローゼット”を作る楽しみも。

もうひとつ、荷物を出し入れする際に擦れてしまいがちな敷居部分ですが、ここに上質なメタル調のプロテクターを全車に備えているのも注目いただきたいポイントです。ちょっとした部分に宿る“いいモノ感”。それもプジョー車を選ぶ喜びのひとつです。

SUVならではのアイポイントと、SUVらしからぬクルマとの一体感

小径のステアリングホイールの上に、シンプルで見やすいヘッドアップインストルメントパネル。そしてセンターコンソールには、さまざまな情報を指先ひとつで操作できる7インチデジタルタッチスクリーンを配置するという独特のコクピットを、プジョーはi-Cockpitと呼んでいます。

当たり前を壊す革新に挑んだi-Cockpitは、SUVになることでさらなる進化を生みました。高いアイポイントが加わることで、快適性と安全性がさらに向上した印象です。直感的に操作できるインターフェースとコンパクトな車体のサイズ感、そしてウインドウの見切り線の低さが生み出す開放感があいまって、SUVらしからぬクルマとドライバーの一体感を覚えさせてくれます。

広くてもフィット感のある空間。フランス流の巧みな部屋づくり

2008のルーミーな空間に置かれているのが、体をしっかりと受け止める良質なシート。シンプルな形状のように見えて、座ってみると背中と太もも裏の全体に広く馴染み、長距離でも身体をゴソゴソ動かしたり姿勢を取り直すことがほとんどないことに気がつきます。

プジョーのラインナップ中で一番小さなSUVですが、後席のニールーム/ヘッドルームも想像以上。前席に標準で備わる速暖性のあるシートヒーターも、SUV的カーライフには魅力的な装備です。

左右独立調整式のエアコンが、「オートモード」であっても風が優しいソフトと強めのファスト、その中間が選べるのもエアコンの風に敏感な女性には嬉しい“おもてなし”だと思います。

TOMOKO FUJISHIMA

三代やよい -モータージャーナリスト-

自動車メーカー勤務からキャリアをスタートし、編集プロダクション、自動車雑誌編集部を経てフリーランスに。自動車を中心に、トラベル、グルメ、ファッション系のメディアで執筆、編集、翻訳などを行なっている。

/// OWNER’S VOICE ///

2008のオーナー様による、リアルな声もご覧ください

  • ※仕様、および外観は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。掲載内容の詳細については、プジョー正規ディーラーへお問い合わせください。