• 岡崎五朗氏が語る

  • 藤島知子氏が語る

  • 三代やよい氏が語る

PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 3008 -
PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 3008 -

日常からレジャーまで彩りを添えてくれる新時代のSUV SUV 3008 日常からレジャーまで彩りを添えてくれる新時代のSUV SUV 3008

SUVが百花繚乱の時代にキラリと光る個性を放つ「プジョー 3008」

フランスの国民性が表れているのか、現代のクルマづくりは環境性能や安全性の向上に務めることはもとより、運転支援、クルマの機能と向き合うインターフェースなど、各国の自動車メーカーが同様の課題に取り組んでいます。

人に刺激を与える要素が削がれていくことは、ともあれば、退屈なクルマになってしまうかも知れない。ところが、フランスメーカーであるプジョーは、カーライフを楽しむことを諦めるなんていうことを知らないし、心を動かすクルマをサラリと提案して世間を驚かせてみせてくれます。

プジョーのミドルサイズのSUVとして登場した「3008」は、多種多様なSUVが登場しているなかでもキラリと光る個性を放ち、上品さの中にどこかミステリアスな魅力を併せ持つ存在。洗練されたデザインはもとより、新世代のプラットフォームや運転支援機能の採用、プジョーとしての走りの在りかたに対するコダワリなど、毎日ハンドルを握るたびにこのクルマが存在する意味をしみじみと実感させられそうです。

たくましいSUVを街やレジャーで颯爽と乗りこなせる貴重な一台

SUVならではのたくましいスタイルに現代のプジョーのデザイン言語を巧く融合してみせた3008。

坂道や轍を走れるだけの最低地上高をしっかりと確保し、足下には大径タイヤを装着。薄型のルーフレールをルーフラインに沿うようにあしらい、フルLEDヘッドライトが先進的な表情をもたらすさまは、SUVでありながら、洗練されたスポーツ性と頼もしさが感じられる佇まいに仕立てられています。

テールランプのデザインはライオンの爪をモチーフにしているあたりもプジョーらしいアクセントといえそうです。ドアの下部にあしらわれたクロームのモール部分はボディを薄く見せる効果が得られるだけでなく、ステップ部分をドアで覆う構造になっていて、乗り降りする際にパンツの裾が汚れにくいようにさり気なく配慮されているのも嬉しいポイント。街乗りのシーンからアウトドアまで、エレガントに振る舞えそうなあたりもステキですね。

細部までコダワリぬいたディテールが洗練された空間を生み出す

頼もしい外観とは一転して、車内はハイセンスで居心地のいい空間が拡がっています。最新世代のプジョーに採用されている「i-Cockpit」は、ヘッドアップインストルメントパネル、小径ステアリング、タッチスクリーンで構成。スクリーンやスイッチ類がわずかにドライバー寄りに傾けられ、運転中に情報を得たり、操作がしやすいようにと配慮された設計になっています。デジタルメーターや内装のマテリアルなど、細部の質感までこだわり抜くことで、全体を高品質で洗練された空間に見せる効果も。

手持ちのスマートフォンと連携し、音楽アプリなどを駆使してドライブの時間を有意義に過ごせるあたりも今ドキのデジタルライフにピッタリの存在といえそうです。

先進的なインテリアではあるものの、乗員の目に留まり、肌で触れる部分は温かみのある色合いの素材やなめらかな質感の素材があしらわれていて、人の感覚に馴染む優しさを持ち合わせていることも3008の優しさ。無理のない姿勢で身体を支えるシートは長距離ドライブでも疲れにくく、座り心地も抜群です。

後席は大人がくつろげるスペースを備えているほか、荷物をたくさん積みたい時は6:4の分割可倒式の背もたれをアレンジすると、ワンアクションでフラットな荷室が出現します。5008と同様に助手席の背もたれが前に倒れるので、長尺物が搭載できるのも嬉しいですね。

引き締まった体幹としなやかな足どり。抜群の操縦安定性を披露する

エンジンは2種類が用意され、ひとつはEuro 6.2と呼ばれる欧州の厳しい排ガス基準に対応した改良型1.6ℓツインスクロールターボエンジン。もう一方は2.0ℓのディーゼルターボで、どちらも8速ATとの組み合わせとなります。

スムーズかつ爽快な吹け上がりをみせる1.6ℓのガソリンエンジンは伸びやかな加速を披露し、前輪駆動で1,480kgというSUVとしては軽量な車重もあいまって、軽快な走りをみせてくれる。2.0ℓのディーゼルは軽い踏み込みで力強さを発揮し、ディーゼル特有の振動や騒音のネガは見事に封じ込められています。高速走行や登り坂を走るといった使いかたや、重たい荷物を積んで走る場合はハイブリッドカーに勝る低燃費も期待できそうです。

特筆すべきは、引き締まった体幹としなやかな足どりで抜群の操縦安定性と乗り心地のよさを提供してくれること。車線変更やカーブを走行するときも、無駄に揺すられたりせず、オンザレールの優しい走りを披露してくれることに驚かされることでしょう。そのあたりは、走行性能を含め、専門家が厳しい目線でクルマを評価するヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、プジョー 3008が2017年にSUVとして初めて大賞に輝いたことにも深く頷けます。

安心快適なドライブライフを支える先進運転支援システムが満載

ひと昔前のフランス車は、感性に訴えかけるデザインや走りといった要素に最大限に力を注ぐ印象だったものの、現代のプジョーはそれらに加えて、先進的な運転支援機能を積極的に採り入れてきています。

運転ストレスを減らす機能としては、前走車との車間を維持しながら追従走行を行うアクティブクルーズコントロールを採用しているほか、前方の車両や歩行者に対応する衝突被害軽減ブレーキ、居眠り運転などで効果的なレーンキープアシスト、車線変更時に死角に隠れているクルマの存在を知らせる機能など、事故を未然に予防したり、衝突被害を軽減することに効果をもたらす機能も満載です。

さらに、雪やぬかるみなど、滑りやすい路面を走行する際のサポート機能も。アドバンスドグリップコントロールはスイッチを切り替えるだけで、悪路の発進をスムーズにこなせるほか、急な下り坂でアクセルとブレーキ操作をクルマが行い、車速を約5km/h以下に保つことで、不慣れなドライバーでも安心して走れるといった機能も存在しています。4WDモデルの場合、悪路の走破性に優れる反面、重量増と燃費面で不利になりがちですが、3008は前輪駆動をベースとしながら、滑りやすい路面では後輪のアシスト機能でフォローするメカニズムを採用していることで、一年を通して、低燃費で軽快な走りが楽しめるのです。

TOMOKO FUJISHIMA

藤島 知子 -モータージャーナリスト-

幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年から自らがステアリングを握ってレースに参戦し、執筆活動をスタート。2019年は女性ドライバー同士で戦う競争女子選手権KYOJOカップに参戦。レース活動で得た経験や女性視点を交えながら、自動車専門誌、Webメディア、女性誌などでレポートをしている。出演12年目を迎えるテレビ神奈川の新車情報番組『クルマでいこう!』ではクルマの楽しさをお茶の間の幅広い世代に向けて発信中。日本自動車ジャーナリスト協会理事。

/// OWNER’S VOICE ///

3008のオーナー様による、リアルな声もご覧ください

  • ※仕様、および外観は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。掲載内容の詳細については、プジョー正規ディーラーへお問い合わせください。