• 岡崎五朗氏が語る

  • 藤島知子氏が語る

  • 三代やよい氏が語る

PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- 308 -
PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- 308 -

良い素材の味を堪能できるシンプルで完成されたハッチバック 良い素材の味を堪能できるシンプルで完成されたハッチバック

クラスレスの世界だから生まれる豊かな気持ち

フランス車にはヒエラルキーがない。僕はそう思っています。数字が大きい方が偉いとか、ボディが小さいから負けとか、そういうところが一切ない。いちばん小さいプジョーに乗っている人がいたとしても、値段や車格ではなく好みとか使い勝手に合わせて選んでいるんだろうな、と感じさせるんですね。

たとえば自分がドイツ車のミドルクラスに乗っていて、その隣りに同じブランドのラージサイズのクルマが並んだらちょっと負けたような気持ちになる。でも、308だとそういう感じがまったくないんです。クルマで自分のステータスを誇示しようとしない。そういう国民性があるのかもしれません。だから乗っていて豊かな気持ちになれるんですね。

背伸びをしないナチュラルな目線

無理して“上目遣い”のクルマづくりをしていないのもプジョーの特徴でしょう。Cセグメントのコンパクトクラスは、コストの制約がとても厳しいのも現実です。高級車を目指してウッドを使いたいところだけど、でも、そこでフェイクのウッドを使わないのが彼らのやりかた。プラスティックをさらっと使う。そのナチュラルな感じが心地良いんですね。

乗った瞬間に馴染む感覚は、見栄えだけではありません。すごく速いとかすごく刺激的とかすごくスポーティな乗り味、というのではなく、どこか癒され感がある。それはスペックにも数字にも表れない魅力です。良いジャケットに袖を通したときの気持ち良さに似ているかもしれません。

ディーゼル、ガソリン問わず完成度が高い内燃機関

308は荷室、後席、ボディサイズ、使い勝手含めて完成されたクルマです。Cセグメントハッチバックという土壌で戦うために生まれたクルマであり、強豪ひしめくセグメントの中でも、優れた乗り味を持っている。

特にディーゼルエンジンは間違いなくプジョーの大きなアドバンテージです。振動も少なく音も静かで、何も言われずに乗ったらディーゼルだと気付かない人がほとんどだと思います。

ガソリンの3気筒ユニットも非常に滑らかで、こちらはこちらで言われなければ3気筒と分からないほど。2015年から2018年にかけて、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに4年連続で選ばれた*優秀なユニットです。
*1.0~1.4リッター部門

良い素材を最低限の味付けでスペックに表れない本質論

シンプルなメカニズムでいい乗り味を出すのがフランスはとても上手い。プジョーはとくに、良い素材を最低限の味付けで美味しく仕上げる名手です。

リヤのサスペンションは複雑なマルチリンクではなくトーションビームなのですが、それでも乗り心地がすごくいい。ここにもスペック主義じゃない姿勢が表れています。その代わりアームの長さに余裕があったり、ボリュームのあるブッシュを使っていたりとか、よくよく見るといい素材をきちんと選んでいるという設計の巧さがある。

最近は日本メーカーがようやくこういう点に気付いてきたわけですが、プジョーはずっと昔からそうしてきたんですね。ソースで味をごまかさない。そういう清々しさがあるんです。

小細工でごまかさない直球のベーシックカーづくり

大人4人と全員分の荷物を積んで長距離を快適に移動できるという点で、308は最小限のサイズです。全長4mちょっとで縦列駐車もしやすいし、立体駐車場にも入ってどこに行っても大丈夫という安心感がある。

ヨーロッパで様々なライバルと切磋琢磨しながら磨き上げてきたパッケージングは、本当に考え尽くされていて、足すモノもなければ引くモノもないんです。

プジョーのクルマづくりは変化球ではなく直球です。実用性が高くてハードウェアとしての出来もよく、小細工は必要ない。それをフランス人がやっているという点に、プジョーのコアバリューがあると思っています。その美味しさは、乗ればきっと誰もがすぐに分かるはずですよ。

GORO OKAZAKI

岡崎 五朗 -モータージャーナリスト-

1966年東京生まれ。青山学院大学理工学部機械工学科卒業。雑誌や新聞、webメディアなど多くの媒体に寄稿する一方、2008年よりテレビ神奈川の自動車情報番組『クルマでいこう!』のメインキャスターを務める。日本自動車ジャーナリスト協会理事。日本カーオブザイヤー選考委員。ワールドカーアワード選考委員。ワールドエンジンオブザイヤー選考委員。

/// OWNER’S VOICE ///

308のオーナー様による、リアルな声もご覧ください

  • ※仕様、および外観は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。掲載内容の詳細については、プジョー正規ディーラーへお問い合わせください。