• 岡崎五朗氏が語る

  • 藤島知子氏が語る

  • 三代やよい氏が語る

PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 5008 -
PROFESSIONAL'S VOICE モータージャーナリスト、エディターの方々にプジョーの各モデルについて語っていただきました。専門家視線のレビューをぜひご一読ください。- SUV 5008 -

冒険心をかきたてるプジョーの魅力が詰め込まれた7シーター SUV 5008 冒険心をかきたてるプジョーの魅力が詰め込まれた7シーター SUV 5008

趣味に子育てに。ミニバンとは異なるハイセンスな選択肢

現代の安全基準を満たすクルマづくりや運転支援システムの採用など、いまや自動車メーカー各社は、それぞれのブランドの価値や哲学をプロダクトにどう投影し、ユーザーが求める価値を提供していくのか問われている時代です。

新世代のモデルを続々とリリースしているプジョーは、ベースとなるアーキテクチャーを他のモデルと共有しながらも、スタイリングや走りなど、フランスメーカーらしく独創的なアイディアを採り入れながら、それぞれのモデルに応じたキャラクターを明確に表現してみせています。そんなプジョーが提案する最上位のSUVが「5008」。

アクティブなスタイルと実用性をバランスさせたSUVの人気はまだしばらく続きそうな中、プジョー 5008は3列シートで7名乗車を叶える貴重な存在といえそうです。

スペースユーティリティに優れたパッケージは、趣味の道具を積み込んで出掛けたり、子育て世代がお洒落に向き合えるミニバンとはひと味違った選択肢として注目しています。

広さと実用装備を充実させた3列シート車。驚きのシートアレンジと積載性に注目

ボディの全長は4,640mmで伸びやかに描かれていますが、全幅は3008と同じ1,840mm。このクラスのSUVとしてはスリムな体格です。前後のホイールの間隔は3008よりも165mm長くとられていて、後席の空間確保やアクセスのしやすさ、3列シートの実用面強化に充てられた形となります。

170mmの最低地上高を確保したルックスはSUVらしい迫力が備わっていますが、現代のプジョーを象徴する端正な顔立ちは、フランス流のエレガンスを感じさせるもので、とても洗練されています。標準装備されたフルLEDヘッドライトは、夜間に明るい視界を確保し、先進感を印象付けるアイテムのひとつ。

リアゲートは3008よりも垂直気味の形状になっていて、そのぶん荷室の積載性も秀逸。3列目のシートは床に格納できるようになっていて、その場合、2列シート+大容量の荷室として使うことも可能。独立3座の2列目はそれぞれ150mmのスライド機構を備えていますが、5名乗車時の荷室容量は702ℓ、2列目の背もたれを畳むと最大で1,862ℓものスペースが現れます。

さらに、助手席の背もたれを前に倒せば約3.2mの長尺物の搭載も可能。全長が短めのわりに趣味の道具を大胆に飲み込む積載性を備えているあたりも、競合車にはない5008ならではの強みですね。

類い稀なセンスを感じさせるインテリア。直感性をデザインした「i-Cockpit」

運転席に座って驚かされるのが小径のハンドル。普通はハンドルの隙間から覗くはずのメーターは上部に設置され、ハンドルを低く構えて運転操作を行う形となります。

腕の力が弱い女性の場合でも、脇を締めて楽に構えられるので、腕が疲れにくく、操舵の遅れが生まれにくいことも的確な運転操作に結び付くメリットがあると感じています。シートとの位置関係も絶妙で、右ハンドル仕様であっても、最適な運転姿勢が取りやすいことも運転時の疲れにくさに結び付くはずです。

また、スイッチ類やモニターはドライバーが運転中に見やすい角度に傾けてレイアウトされており、プジョーではこれらの機能的なコックピットを「i-Cockpit」と呼んでいます。一見するとひとつひとつのスイッチにユニークなデザインが施されていますが、全体のトーンは抑えられていて、そこに異素材を巧くコーディネートしながら、上質な雰囲気を演出。フランスメーカーならではの類い稀なセンスが息づいています。

どこまでも心地良いドライブフィールは、フランス車好きの心を捉えて放さない

5008に搭載されるパワーユニットは、直列4気筒の1.6ℓガソリンターボエンジンと2.0ℓディーゼルターボエンジンの2種類を用意。最新のモデルはそれぞれ8速ATが組み合わされています。

ガソリンエンジンは軽やかな吹け上がりを見せてくれるのが特徴で、静粛性の高さもさることながら、踏み込むと抜けるような心地良い音色と爽快な走りを披露してくれます。

一方で、軽い踏み込みで豊かなトルクを発生し、車体を押し出していくディーゼルエンジンは、多人数乗車や荷物を沢山載せて出掛ける時に頼もしさを発揮してくれるもの。低燃費で走れるし、軽油はハイオクと比べて安価である点もお財布に優しく、ランニングコストを抑えられる。

3列シートのクルマというと、重荷を背負って走るようなネガを感じるクルマもありますが、5008はそうした違和感を与えるところがありません。

むしろ、ゆったりとしたリズムと滑らかな足取りで濃密な乗り味を提供してくれるあたりも、フランス車好きの心を掴んで止まない魅力のひとつ。どこまでも快適で心地良い走りは、まさに家族や友人とレジャーに繰り出すシーンにピッタリのキャラクターだと思います。

フラッグシップSUVに相応しい運転サポート機能と快適装備の充実ぶり

最上位SUVとしての快適装備も満載です。3列シートのクルマの場合、多くのものは畳んでアレンジすることを優先してフラットな形状のものが多いですが、5008はそれぞれが独立して乗員の身体をホールドする形状になっていて、カーブの走行でも上体が横に揺すられづらくなっています。

標準装備のシートはアルカンターラ×テップレザーのコンビネーションとなりますが、オプションのレザーパッケージを選択すると肌当たりが滑らかなナッパレザーに変更することができます。運転席と助手席には、マッサージ機能やシートヒーターが付いているあたりも高級車的です。さらに、運転の疲労を減らし、衝突リスクを低減する運転サポート機能も積極的に採用しています。

前走車との車間を維持して追従走行を行うアクティブクルーズコントロールをはじめ、居眠り運転などによるリスクを低減するレーンキープアシストを搭載。低燃費かつ軽快に走れる前輪駆動のFF車でありながら、悪路において安定した走りをサポートするアドバンスドグリップコントロールを用意。運転に不慣れでもスマートに走り抜けられるあたりも、安心感を得たり、疲れにくさに繋がっていきそうです。

TOMOKO FUJISHIMA

藤島 知子 -モータージャーナリスト-

幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年から自らがステアリングを握ってレースに参戦し、執筆活動をスタート。2019年は女性ドライバー同士で戦う競争女子選手権KYOJOカップに参戦。レース活動で得た経験や女性視点を交えながら、自動車専門誌、Webメディア、女性誌などでレポートをしている。出演12年目を迎えるテレビ神奈川の新車情報番組『クルマでいこう!』ではクルマの楽しさをお茶の間の幅広い世代に向けて発信中。日本自動車ジャーナリスト協会理事。

  • ※仕様、および外観は予告なく変更することがあります。
  • ※掲載写真は一部日本仕様と異なる場合があります。掲載内容の詳細については、プジョー正規ディーラーへお問い合わせください。