NEW PEUGEOT 2008 EVOLUTION 進化のポイント

サイズ&フォルム

NEW 2008は、ロングノーズ、ロー&ワイドなスポーティなフォルムに進化。全長・全幅・ホイールベースは伸長され、先代モデルよりも室内スペースに余裕が生まれましたが、最小回転半径は5.4mと小さくなり、取り回しの良さは向上しました。

また、全高を多くの立体駐車場への駐車が可能となる1,550mmに抑えた一方で、205mmの最低地上高を確保。都市部での利便性と、SUVとしての走破性を両立しました。

NEW
全長
145mm
ホイールベース
70mm
最小回転半径
10cm

また、全高を多くの立体駐車場への駐車が可能となる1,550mmに抑えた一方で、205mmの最低地上高を確保。都市部での利便性と、SUVとしての走破性を両立しました。

NEW
全高
20mm
最低地上高
40mm
 

フロントデザイン

ライオンの牙をモチーフにした特徴的なLEDデイタイムランニングライトを全モデルに採用し、GT Lineにはライオンのかぎ爪イメージの3本ライン入りフルLEDヘッドライトを装備。ボンネット先端には2008デカールを配置するなど、プジョー最新世代のフェイスデザインとなっています。

NEW
最新世代デザイン

PEUGEOT i-Cockpit

プジョー独自のi-Cockpitが進化。3Dメーターパネルの採用で視認性を向上。デザイン、ディテールにもこだわり、先進性と快適性に富んだドライビングを体験いただけます。

NEW
3D i-Cockpit

キャビン&ラゲッジスペース

ホイールベースの伸長にともない、キャビンスペースに余裕が生まれました。特にリアスペースの快適性が向上しています。また、インテリアの素材、ディテールにこだわり、クオリティ溢れるモダンなデザインに仕上げられています。

全長の伸長により、ラゲッジスペースもクラス最大級の容量が確保されました。通常時は434ℓ、リアシートバックを倒した状態での最大容量は1,467ℓとなり、先代モデルより大幅に拡大されました。また、フラットなスペースや、スペースを上下に区切って使用できる可動式のフロアボードにより、使いやすさも一段と向上しています。

NEW
通常容量
74
最大容量
295
※容量数値はVDA方式

パフォーマンス

軽量化と高剛性を誇るプジョー最新のプラットフォーム、CMP(コモン・モジュラー・プラットフォーム)を採用。定評の高い高効率エンジン1.2 PureTechターボ、最新鋭の8速オートマチックトランスミッション、EAT8*との組み合わせにより、今まで以上に軽快でしなやか、かつスムーズな走りを実現。エンジン出力も向上し、最高出力は先代モデルの110psから130psに、最大トルクは205Nmから270Nmにパワーアップされています。さらに、優れた燃費性能も身につけ、燃料消費率17.3km/ℓから19.2km/ℓ(JC08モード)に向上しています。

*8速エフィシェント・オートマチック・トランスミッション

NEW
CMP、EAT8を採用
最高出力
130ps
最大トルク
230Nm
燃費
19.2km/ℓ

ADAS(先進運転支援システム)

NEW 2008は、フラッグシップモデル508に匹敵する先進の運転支援機能を新たに搭載しました。

NEW
先進装備

アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)

前方の車両や障害物を検知し、ドライバーが回避操作を行わない場合に自動的にブレーキを作動。追突事故などの危険を回避、あるいは衝突の被害を軽減します。

アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)+レーンポジショニングアシスト

高速道路などの走行時に、自動制御によって前走車との適切な車間距離を保ちます。前走車が停止した場合には車間距離を保ちながら停車もしくは減速します。白線が明確な高速道路などでの走行時に車載カメラが車線を検知し、ステアリングを補正。車線内のポジションを一定に保ちます。

アクティブブラインドスポットモニターシステム

斜め後方のブラインドスポット(死角)に存在する後続車両を警告灯で知らせる機能。後続車両の進路に入ろうとした場合には、ステアリングの反力で車線変更を抑制します。
※GT Lineに装備

インテリジェントハイビーム

前方の状況を分析し、対向車や前方車両を感知した場合に、ハイビームとロービームを自動で切り換えて、最適な前方視界を確保。夜間走行の安全性を高めます。
※GT Lineに装備

その他の追加装備

  • レーンキープアシスト
  • トラフィックサインインフォメーション
  • ドライバーアテンションアラート